見た目が良く、中身も良かったら最強なのは当たり前ですが、実際にはどちらか片方にばかり気を取られている人が多い気がします。大切なのは、見た目と中身の良さを両立させること。「人間は見た目より中身だ」と言ってみたり、『人は見た目が9割』という書籍が出たりもしていますが、どちらも妥協せずに大切にするべきです。

 

とは言え、見た目も中身も良い悪いは人によってバラバラです。だったら他人の意見なんて全部聞き流して大丈夫。

自分だけの「見た目の良さ」と「中身の良さ」の基準を定義をし、その基準をクリアすること。

自分が納得する自分を目指す。自分の中だけの基準をクリアするべく努力をすれば良いのです。

 

私の場合はこのように決めました。

  • 見た目が良い = 立ち居振る舞いのシルエットを綺麗にする
  • 中身が良い = その時々でベストだと思う状況判断をする

これならとんでもない夢物語でもなく、現実的ですね。

そして、この私なりの見た目と中身を両立させるためにもっと具体的な行動に落とし込んでみます。

  • 見た目を良くするために、筋トレをし、日々の姿勢に気をつける。
  • 中身を良くするために、幅広い分野の本を読み、知識をつけ、あらゆる側面から客観的に物事を考える。

 

これらは現時点での私なりの基準で、目標とするところです。

2017年も私なりの"美しくて賢い自分"を目指して試行錯誤していきます。